稽古日誌「居合斬り」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は居合斬りについてです。
それでは先生お願いします。
正面の敵に向かい、正座して水平斬、続けて袈裟を斬る技です。
まず、正面の藁に斬間(右膝立ちして水平を斬るときに物打ちにて斬れる間合い)をとって正座する。
・両足つま先立ちして鯉口を切り、右膝立ちし(この時刀身の三分の二程抜けている)居合い抜きにて水平斬り。
・しっかりと鞘引きをし、切っ先が鞘から出るや否や右手首を使う。また、同時に小指、薬指、中指、人差し指(同時に親指)の順に握りこむ。
・この動作を藁に斬りこむ直前で終わらせ、柄頭と切っ先を結ぶ線が己の臍に向いていること(もし臍に向いていないと柄斬りとなり刀が戻されるようになってしまう)。
・藁に斬りこむやいなや、鞘を握っている左手と斬り抜ける右手を胸筋を開いて斬る。
※斬りやすくするためのポイント
①藁の位置  己の右膝の前に置く
②体さばき  正面より左に右膝を立て腰の捻りを使う
③鞘使い   鞘を45度から水平近くに倒してまた、十分に鞘引きをし刀を速く抜くこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加